趣味や時事をご紹介

平成27年8月に日本政策金融公庫第21回農業経営アドバイザー判定試験に無事合格いたしました。

 

当事務所も平成26年10月3日付で経営革新等認定支援機関に登録されました。

 

この度福岡県八女郡広川町から福岡県久留米市に事務所を移転いたしました。

お近くにお越しの際は、気軽にお立ち寄りください。

平成25年2月1日付で料金表を改定いたしました。

既存契約のお客様は契約書の通りの金額ですのでご安心ください。

平成24年1月1日から料金表を改定しました。

なお、従前にご契約していただいた方につきましては、以前の料金表で対応させていただきます。

挨拶が遅くなりました。

旧年中は、お客様のほか様々な方にお世話になり大変ありがとうございました。

本年も微力ではありますが、お客様のため、社会のため、地域のために頑張っていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

税理士 中島祐二

社会福祉法人の会計基準が、来年4月から変更になります。

新会計基準を理解し、現行の会計基準から移行準備を行うためには、相当な期間を要すると思われます。

また、社会福祉法人の理事長さんや施設長のマネジメントがこの新会計基準の導入により大事となってくることと思われます。

現在、当事務所でも、この新会計基準の導入に関してどう対処していくのかを検討しております。

一緒にこの新会計基準に早く取り組みたいとおっしゃる社会福祉法人の方がおられましたら、是非ご連絡ください。

最後に、この新会計基準の導入期限は、平成27年3月末であることを付け加えます。

経営計画は、経営者が経営の具体的方向性を示し、到達目標を数値化することで、その行動計画をたて、会社が進むべき途を明らかにするものです。

「大企業じゃないから、そんなの必要ないよ」と中小企業の経営者の方は、考えがちですが、実は、その逆です。

中小企業だからこそこの経営計画・利益計画・資金計画は、大事なんです。

 

例えば、金融機関等から借入を起こそうとした場合、大企業であれば、金融機関等は何の心配もなくお金を貸すことでしょう。

しかし、中小企業の場合は、どうでしょうか。

未来のビジョンや予測もできない企業に、お金を貸すでしょうか。

 

このように、金融機関からの融資実行一つをとっても、経営計画・利益計画・資金計画が中小企業だからこそ大事であるという一面が見えてくると思います。

 

当事務所では、経営計画・利益計画・資金計画の策定も行っています。

是非ご相談ください。

 

10月12日から13日は、税理士会研修のため、不在です。

お急ぎの方は、携帯電話のほうにご連絡ください。

事業者の皆さんにお知らせです。

ご存知の方も多いかと思われますが、平成23年の税制改正において、雇用の維持促進を図るため雇用促進税制が創設されています。

概要は、以下の通りです。

①平成23年4月1日から平成26年3月31日までの期間内に始まる事業年度において

②雇用者増加数5人以上(中小企業は、2名以上)かつ雇用増加割合10%以上等の要件を満たす企業は、

なんと雇用増加数一人当たり20万円の税額控除(ただし、法人税額の10%(中小企業は、20%)が限度)が受けられるんです。

これには、さらにいくつかの要件があり、さらにいくつかの事務手続きをしなければならないのですが、

詳しくお知りになりたい方は、当事務所にご連絡ください。

なお、平成23年4月1日から8月31日までの間に事業年度を開始した事業主の方の場合、事務手続きのうち雇用促進計画のハロ-ワ-クに提出する期限が、今月(10月)の31日となっていますので、この制度を利用したいとお考えの事業主の方、もっと詳しく知りたいと思われた事業主の方は、急いでご連絡ください。

 

中島 祐二 税理士事務所
〒835-0865
福岡県久留米市新合川
2丁目3-5

アーニスト新合川303号
TEL:0942−27−5940
FAX:0942−27−5950

カレンダ-

2017年7月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31